2008/01/06

Cranes 出水のツルたち 2


Izumi Crane Observation Center. There were a shop and a restaurant on the first floor. I could watch cranes from the restaurant. The second floor was an observation and exhibition room. There was an observation platform on the roof.

ツル観察センター。1階には売店と食堂。食堂ではツル見しながら食事ができました。2階は展示・展望室。ツルのビデオコーナーもありました。屋上には展望台。


Manazuru (White-naped Crane)
展示室。マナヅル。


Nabezuru (Hooded Crane)
ナベヅル。


I went out to the rooof. I could see around the conservation area. The pool over there is the place where cranes gather and sleep at night.
展望台に上がりました。寒い〜。
ツルたちがたくさん。向こうに見える水たまりが、ツルたちのねぐら。ここに集まって眠り、早朝飛び立ちます。その飛び立つ時に羽数を数えるそうです。


People spread wheat for them in the early morning.
私の普通のデジカメでは、望遠にしてもこれが精一杯。。。
ツルたちが集まっているところには、えさがあるのでしょう。早朝に、小麦がまかれるそうです。


Suddenly something happened, cranes flew away. That couple must have scared them.
急にばたばたとツルたちが逃げました。ツルたちを驚かせないように、
そおーっと観察しましょうね、お二人さん。


I went out to watch cranes closely.
外に出て、近くで見ましょう。


I watched them quietly. They were eating and crying, it was noisy.
そおーっと黒いシートから覗くと、近くにいました。えさに群がっていて、騒がしいし落ち着きない。
少し離れているツルたちは、少し落ち着いていますか。


4 件のコメント:

旭川の まりあ さんのコメント...

白鳥より暖かい所から更に暖かいところへ渡ってくるということなんでしょうかネ~・・・。

人の姿には敏感に警戒するんですね!
野生なんですから、それが当然で、そうあるべきです・・・。

暖かそうな逗留地風景、ほっとします・・・。

Yuki さんのコメント...

鹿児島って、暖かいと油断していました。
この辺りは、海の近く。。。
風が冷たくて、風邪をひいていしまいました。

ツルの鳴き声を聞きながら、ツルたちを眺めていると、時間がすぐに過ぎていきますね。

アイスランドのパフィンたちは、ツルたちより小さいのに、もっと近づけました。ツルたちは、とても敏感でした。
自然の動物たちを驚かせたくない思うのと、少しでも近づきたいという思い。。。
望遠レンズをつけたカメラを持っている人たちの気持ちが分かったような気がしました。

匿名 さんのコメント...

 周遊バスがありましたか。個人で行くと、時間がたっぷりと、自由に取れますね。

 もしかして、今年の鶴はまだ、人馴れしていないのかも知れませんね。
 鶴やカラス脅しに爆竹を鳴らすとは、驚きましたよ。

 日にちが経って、数ももう少し多くなって、人に馴れてくると、それ程気を遣わなくて観察できるのかも知れませんね。

 昨日は北の国、今日は南の国、やがて海外へと、気軽に出かけられますね。tetu

Yuki さんのコメント...

行きたい場所に、自分のペースでいたいので、旅はほとんど個人旅行ですね。人との出会いも多いし。
不便なことも多いですが、それも楽しい。